仲介してくれる業者

男女

不動産を売るための仲介業者

不動産を売る為には、仲介業者に依頼して行う方法があります。この時、業者と行う契約を媒介契約と言います。媒介契約にもいくつかの種類があります。専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3つがあります。 まず専属専任媒介契約は、不動産売却の全般を1社にすべてを任せる契約です。この契約は拘束力が強い為、仲介業務に対して強い法規制があります。次に専任媒介契約は、専属専任媒介契約とほぼ同じですが、異なる部分があります。それは、自分で見つけてきた相手と直接交渉した場合、不動産会社を通さなくても契約することができる点です。最後に、一般媒介契約ですが複数の不動産業者と同時に売る為の仲介を依頼できる契約になります。この契約も相手との交渉が不動産会社を通さずに行うことができます。

それぞれの媒介契約のメリット

不動産を売るために、上記の媒介契約のいずれかを結びます。それぞれ特徴があります。業務処理状況の報告ですが、専属専任媒介契約の場合1週間に1回以上の報告が業者の義務になります。専任媒介契約なら2週間に1回以上、一般媒介契約ならば法令上の義務は、ありません。ただし一般媒介契約でも、任意で報告を求める事ができます。このように、仲介業者から業務処理状況の報告の頻度が異なります。よって報告が欲しい場合なら、専属専任媒介契約がよいと思われます。 契約の有効期間も、契約の種類によって異なります。専属専任媒介契約と専任媒介契約は、3ヶ月です。一般媒介契約の場合は、法令上の制限は、ありません。 専任媒介契約は、契約の拘束力が強い代わりに業者の取り組みが、一般の場合より密度が高くなる可能性があります。一般媒介契約のばあい、1社の密度が高くなくとも複数社に依頼出来ます。その為、不動産社間の競争が激しくなります。不動産を売ることは、大きな金額が動く契約の為、契約の種類だけが重要ではありません。信頼できる仲介業者を探すことが、大切です。